竹田 直樹 Naoki TAKEDA
会員番号B-0146
 
研究テーマ ランドスケープデザイン,バブリックアート研究
参加部会  
ホームページ http://www.awaji.ac.jp/takeda.htm

   
略 歴
1961年 姫路市生まれ東京育ち
1984年 千葉大学園芸学部造園学科卒業
1991年 同大学院(博士課程)単位取得退学
1992年 野外彫刻に関する論文で博士(学術)
  (株)都市緑地研究所取締役東京事務所長を経て1999年より、姫路工業大学(現兵庫県立大学)自然・環境科学研究所助教授。兵庫県立淡路景観園芸学校主任景観園芸専門員を兼務。環境芸術論、庭園デザイン演習を担当。沖縄県立芸術大学非常勤講師(環境芸術論)



主な著書
最近の代表的な学術論文
2001年 宇部市における彫刻設置事業の開始,ランドスケープ研究65(3).259−267.
2002年 竹田直樹,田川郁代,八木健太郎 神戸ハーバーランドにおける都市の魅力の演出に関わる造形物について,環境芸術学会論文集(2).17−24.
2003年 竹田直樹,八木健太郎 彫刻設置事業と彫刻シンポジウムの融合の問題点に関する考察,ランドスケープ研究66(5).465−468.
2003年 竹田直樹,八木健太郎 彫刻シンポジウムにおけるランドスケープデザインを試みた共同制作について,環境芸術学会論文集(3).1−8.
最近の主な連載
2002年
9月号-
2003年
3月号
ソトコト:アートの風景学
2004年
3月号-
8月号
美術手帖:ラ・ラ・ラ同時代アートの旅
2003年
春号-
ビオシティー:アートプロジェクトの旅
2004年- ランドスケープデザイン:まちにアートプロジェクトがやってきた
 
研究実績
パブリックアート入門
(公人の友社)
日本のパブリックアート
(誠文堂新光社)
アートを開く
(公人の友社)
公共芸術2000例
(大連理工大学出版社)
   
close