1. トップ
  2. 部会
  3. 地域環境アートワークショップ研究部会

部会

地域環境アートワークショップ研究部会
1. 名 称: 地域環境アートワークショップ研究部会
2. 趣 旨: 近年、各地で地域環境をテーマとするアートワークショップが盛んですが、その背景には地域再生や環境教育、生涯学習など極めて現代的な社会的要請があると思われます。こうした状況は芸術そのもののあり方をも変化させていく可能性を孕んでいます。今、こうした活動を実践的に研究していくことは本学会の重要な社会的使命です。以上のような認識に基づいて本研究部会は、地域環境をテーマとするアートワークショップやアートイベントについて様々な角度から分析し、実践的に研究していくことを目指します。
(キーワード 共同制作、市民参加、まちづくり、地域交流、自然体験など)
3. 部会長: 谷口文保
4. 部会員: 相澤孝司 大畑幸恵 小野裕子 かわいひろゆき さくまはな 曽和具之 
竹田直樹  橋本忠和 ばんばまさえ 藤本修三 安田雅子
5. 連絡先: 連絡先:神戸芸術工科大学 谷口文保研究室
Tel 078-794-2112(代表) Fax 078-794-5027
メール f-taniguchi@kobe-du.ac.jp
6. その他: 活動の期限は3年を区切りとし、研究の継続については別途部会で検討する。
7. 活動: 神戸芸術工科大学にて研究部会を開催!
2008年12月6日、神戸芸術工科大学において研究部会を開催しました。参加者は10名。笹谷晃生部会長の挨拶で開会し、3名の幹事から実践報告が行われました。
谷口は2008年3月から実践している「えびすアートプロジェクト」の報告を行いました。このプロジェクトは、知的障害をもつ人を中心とするNPO法人えびすと、神戸芸術工科大学谷口研究室が連携し、絵画やオブジェを制作・販売する活動です。展覧会で生まれた出会いから、アートワークショップを通した地域交流が展開していることなど「人々をつなぐアートの可能性」をキーワードに報告しました。
竹田直樹氏からは、向島でのアートプロジェクトと京都のギャラリー「虹」における展覧会について報告がありました。竹田氏は現在、従来からの植物を用いたプロジェクトの延長として、風景画を用いた地域活性化について活動を計画しています。風景画の新たな可能性について議論が盛り上がりました。
相澤孝司氏からは、淡路島の地場産業である淡路瓦の可能性を探る為に神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科学生を対象としたワークショップの実施について報告がありました。実際に現地で制作することによって、新しいアイディアが生まれることや、大学生が現地に入ることで地域に交流が生まれ、活性化する様子が良く分かりました。相澤氏からは他にも「エコアートフェスタ大阪」の実践や、ドイツのドレースデン市街地における環境芸術の実践「クンストフォーフパサージュ」の見学レポートなどたくさんの話題をご提供いただきました。
3名の報告から議論を進めるなかで、地域住民とアーティストの関係の多様性や、地域と関わるアートと産業やビジネスとの関わりの重要性など、これからのアートを考える上で重要なテーマが見えてきたように感じました。
実践報告の後、今後の活動について話し合いがもたれました。本会は近畿支部唯一の研究部会であるだけに、神戸で実施される第10回大会に向けて活発に部会活動を行い、大会でその成果を発表しようということになりました。また、神戸ビエンナーレ2009と連携して公開シンポジウムなどを企画実施したいという提案もありました。とても充実した2時間は瞬く間にすぎて、今後の定期的開催を決定して閉会となりました。
     
   
 
 

活動


地域環境アートワークショップ研究部会は、2013年度事業として、公開シンポジウムを開催しました。有識者をゲストに迎え、研究部会メンバーの実践報告をもとに、個々の事例を超えて共有されるアートワークショップの効果と課題について議論しました。
当日は、教員、会社員、大学生など参加者52名となりました。アンケートには、「アートWSを自分でもしたいと思っていたので参加しました」(会社員、女性)「話が難しすぎた」(大学生、女性)「最後のディスカッションは内容も様子もとても勉強になりました」(学生、男性)など、さまざまなご意見をいただきました。


タイトル:「シンポジウム アートワークショップの実践と課題」
日 時:2013年11月10日(日)13:00−17:00
会 場:

KIITOクリエイティブセンター神戸

参加費:無料、先着50名
主 催:環境芸術学会地域環境アートワークショップ研究部会、神戸ビエンナーレ組織委員会
後 援:神戸芸術工科大学
実行委員:相澤孝司・小野裕子・かわいひろゆき・曽和具之・竹田直樹・谷口文保・橋本忠和・藤本修三・安田雅子
  
プログラム: 第1部 :基調講演
藤原惠洋 九州大学大学院 教授
「アートワークショップの実践と課題 〜建築プロジェクトの立場から相対化を試みる〜」

第2部 :実践報告
小野裕子 筑波大学 助教
「創造的復興プロジェクト」
かわいひろゆき 神戸芸術工科大学 教授
「ヒトキズナぷろじぇくと」
谷口文保 神戸芸術工科大学 准教授
「えびすアートプロジェクト」
橋本忠和 佛教大学 特別任用教授(註1)
「海外国際交流壁画共同制作」

第3部 :パネルディスカッション
司会:竹田直樹 兵庫県立大学 准教授


註1) 橋本氏の所属、役職は当時のもの。2014年現在は、北海道教育大学大学院教授。
ポスターデザイン:谷口文保、谷中亜紀
写真(会場風景):旦 昌弘
写真(パネルディスカッション):曽和具之研究室