【展示会のお知らせ】環境芸術学会企画展 SF=すこしふしぎ展

環境芸術学会企画にて、展示会が行われるのでご紹介します。

 

有機的な身体を持つロボット、「どうぞどうぞ」の理論化と実装、未来に地球とは何であったのかを知るための映画、鑑賞者が作品に融合するメディアインスタレーション。藤子・F・不二雄の短編SFマンガのように、少し不思議な感覚を入り口にして深いテーマに誘う4作品を展示します。

会期:6月18日(火)~6月29日(土) ※日曜休廊
時間: 10:00〜18:30 (最終日のみ16時)
会場:オリエ アート・ギャラリー
東京都港区北青山2-9-16 AAビル1F
主催:環境芸術学会
企画:阿部芳久
デザイン:小佐原孝幸

2019年度 環境芸術学会賞 顕彰対象の募集について

※募集終了しました。

2019年度の環境芸術学会賞『学会大賞』『学会賞』『奨励賞』の顕彰対象を
会員のご推薦により募集いたします。
学会大賞・学会賞・奨励賞は、規程の目的にある通り、日本における環境芸術の普及・振興・発展に
寄与することを目的として、主として2000年以降にわが国においてなされた
環境芸術分野における功績をあげた事業あるいは個人・団体に対し、
それを顕彰し環境芸術学会賞を授与するものです。

環境芸術分野における功績とは、

  • 環境芸術学の学術的前進
  • 環境芸術表現の進展
  • 環境芸術を用いた各種の社会貢献
  • 環境芸術の啓発
  • 環境芸術学会の運営に対する貢献

などを指します。それらによって環境芸術の普及・振興・発展に寄与したと考えられるものに
ついて推薦をしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

環境芸術学会ー学会賞規定ー(抜粋)

(賞の種類)

第3条 環境芸術学会賞には、学会大賞、学会賞、奨励賞、功労賞の四つの部門を設ける。

各部門の属性は次のとおりである。いずれの賞も名誉をもって賞とし、副賞として記念品を贈呈する。

学会大賞

環境芸術分野における貢献が大きく、そこに独創性、継続性、影響性が顕著に認められる功績を顕彰する。

対象は環境芸術学会員に限定しない。

学会賞

一般に公表された作品、論文、著作、事業活動などの成果または継続的な活動によって、

環境芸術分野の普及・振興・発展に寄与する優れた功績を顕彰する。

奨励賞

学会誌「環境芸術」での掲載および学会大会での発表などの中で特に優れた成果であり、

将来における発展が期待される功績を顕彰する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学会賞の授与という事業は、環境芸術学会が社会に対しておこなう明確な表明にほかなりません。
その意義は深く、責任も極めて大きなものといえるでしょう。

広く会員の皆様から推薦を頂き、議論を尽くし多くの会員で「環境芸術」という難題に
向き合っていきたいと考えております。
推薦の分母が多いほどその精度は増していくものと考えます。

よろしくお願い申し上げます。

【推薦書提出締切】 2019年4月10日 (水)

【送信先】事務局長 酒井正(e-mail: iead-info@iead.org

【展覧会のお知らせ】「見えない光の桜吹雪(HANAふぶき)展ブラックライトで仕立てる水墨画と日本画」

本学会員の藤崎いづみさんが展覧会「見えない光の桜吹雪(HANAふぶき)展ブラックライトで仕立てる水墨画と日本画」を開催されますので、ご案内です。

ーーー
拝啓 春寒の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、このたび桜美林大学芸術文化学群ビジュアル・アーツ専修藤崎いづみゼミ生(日本画)8人と藤崎いづみ作品である、ブラックライト塗料と水墨画の作品を展示いたします。これは同学群の田中敬一教授の授業プロジェクト(ライトアート)とコラボレーション企画で、テーマは本学の名称にちなんだ「桜花」です。
日本画の伝統領域と光アートのミクストメディア表現で構成され、光源の変化により作品の重層的な美感を創ります。
また、本イベントは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が推進する東京2020参画プログラムの「東京2020応援文化オリンピアード」として認証を受けました。ご高覧頂ければ幸いでございます。

敬具

日時 2月20日(水)~26日(火)10:00~22:00(※最終日は19:00まで)
会場 渋谷東急Bunkamura Wall Gallery
ーーー