1. トップ
  2. 活動報告
  3. 2009年度活動報告
  4. 第10回大会

活動報告


環境芸術学会第10回大会
2009年10月24日(土)〜25日(日)
会場:神戸芸術工科大学、兵庫県立美術館、神戸ビエンナーレ2009

  環境芸術学会第10回大会 [終了]
   10月24日(土)と25日(日)の両日、神戸で環境芸術学会第10回大会を開催いたします。大会初日はメリケンパークで「わ」をテーマに開催中の神戸ビエンナーレ2009会場を見学後、兵庫県立美術館へと移動して頂き、パネルディスカッション、総会、懇親会を行ないます。2日目の会場は神戸芸術工科大学です。午前中にパネル発表、口頭発表を行い、昼食後は3つの分科会「環境芸術の領域」「環境芸術と社会」「環境芸術と自然」に分かれ、それぞれコーディネーターを中心にテーマについて語りあいます。コーディネーターは分科会での議論の内容をまとめ、シンポジウムのパネリストとして報告します。分科会の議論を会場全体で共有した上で、参加者全員で「これからの環境芸術」を議論していきます。

 この10年間、学会としてはその基盤づくりに、会員個々はそれぞれの「環境芸術」への模索に真摯に取り組んできました。今回は7月11日に東京藝術大学で行われた創立10周年フォーラムでの記念シンポジウム「環境芸術は社会を変える力となりえるか」と連動し、フォーラムでの提案や問いかけを受けて「これからの環境芸術」を考える機会となることを目指しています。10回目の大会において会員相互の大きな「わ = 輪」が出来れば幸いです。

 今回は大会での研究交流はもちろん、神戸ビエンナーレ見学、神戸観光など、ぜひこの機会に神戸を満喫して頂きたいと願っております。多数のご参加を心よりお待ちしております。

環境芸術学会第10回大会実行委員会
大会実行委員長 藤本修三      

 
テーマ: 「環境芸術は社会を変える力となりえるか」
大会開催日時: 2009年10月24日(土)〜25日(日)
開催場所:

神戸芸術工科大学、
神戸ビエンナーレ2009会場

兵庫県立美術館

 
神戸芸術工科大学
ギャラリーセレンディップ
  神戸芸術工科大学 
クリエイティブセンター
     
 
兵庫県立美術館
(写真:兵庫県立美術館)
  神戸ビエンナーレ会場風景
(写真:神戸ビエンナーレ組織委員会)
大会内容:

●口頭/パネル/作品/屋外展示による研究発表
●展覧会(神戸芸術工科大学研究展示と会員作品発表のコラボ展)
●パネルディスカッション
●分科会&シンポジウム
●神戸ビエンナーレ2009見学

日程 ・
プログラム:

24(土)、25(日)両日
エキジビション「環境芸術 未来への提案」展示
(神戸芸術工科大学 ギャラリーセレンディップ)

 

24日(土) 
各自、神戸ビエンナーレ見学
14:00 受付開始(兵庫県立美術館ホワイエ)
15:40 パネルディスカッション(美術館ミュージアムホール)
17:00 総会(美術館ミュージアムホール)
18:00 懇親会(美術館レストラン)

25日(日) 
9:30 パネル発表(神戸芸術工科大学 ギャラリーセレンディップ)
10:30 口頭発表(大学 クリエイティブセンター)
12:00 休憩 + 作品発表(大学 ギャラリーセレンディップ)
13:30 分科会 (大学 クリエイティブセンター)
15:00 シンポジウム(大学 クリエイティブセンター)
16:30 閉会式(大学 クリエイティブセンター)

パネルディスカッション「まちとアートの未来 環境芸術の視点から」
 

パネリスト: 越智裕二郎氏(兵庫県立美術館館長補佐)
        谷口文保氏(神戸芸術工科大学専任講師)
        橋本学氏(新潟大学准教授)
        山田良氏(札幌市立大学准教授)
司    会: 竹田直樹氏(兵庫県立大学准教授)

兵庫県立美術館ミュージアムホールにて神戸ビエンナーレ2009との共催企画として、一般公開のパネルディスカッションを開催します。兵庫県立美術館館長補佐の越智裕二郎氏をゲストにお迎えし、北海道、北陸、近畿の各支部で実践的な活動を展開されている方々とともに地域を舞台にした環境芸術の未来を考えます。各地のアートプロジェクトを事例に「まちとアート」「まちと芸術家」の関係について「地域性」をテーマに語り合います。


 
  兵庫県立美術館ミュージアムホール
 

「分科会&シンポジウム」

  第10回大会は、7月に東京芸術大学で開催された10周年記念フォーラムと連動します。東京から神戸へ。フォーラムでの提案や問いかけが大会の議論に響き、会員相互の創造的共振を呼び起こすことを目指します。

第10回大会の目標は、環境芸術学会の未来を開く多様な意見があふれ出る場の創出です。今回、本学会としては初めて、分科会からシンポジウムへと展開する2段階の議論の場をつくります。大会参加者は、参加申し込み時に3つの分科会から関心の高いテーマを一つ選びます。各分科会ではコーディネーターを中心にテーマについて語り合います。コーディネーターは、分科会での議論の内容をまとめ、シンポジウムのパネリストとして報告します。分科会の議論を会場全体で共有した上で、参加者全員で「これからの環境芸術」を議論していきます。

●第1分科会「環境芸術の領域」
コーディネーター:大森正夫(京都嵯峨芸術大学大学院教授)
環境芸術は幅広い領域にまたがる概念です。空間、社会、情報、自然、生活・・・。その対象領域はいまも拡大し続けています。大きな可能性を秘めたこの「環境芸術」をどう考え、どのように捉えるかを議論します。

●第2分科会「環境芸術と社会」
コーディネーター:工藤安代(NPOアート&ソサイエティー研究センター代表理事)
野外彫刻、パブリックアート、創造都市。これまでも環境芸術と社会は密接な関係を構築してきました。地球環境が人類共通の課題となった時代に、その関係はどのように変化していくのでしょうか。環境芸術と社会の未来を考えます。

●第3分科会「環境芸術と自然」
コーディネーター:高須賀昌志(埼玉大学准教授)       
今、自然はアーティスト・デザイナーにとって最も重要なテーマの一つです。環境芸術において自然とは何か。芸術と自然の関係はどう変わっていくのか。環境芸術の観点から、その可能性と課題を語り合います。

●シンポジウム「環境芸術は社会を変える力となりえるか」
分科会コーディネーターの皆さんにパネリストとして、各分科会での議論の内容を報告していただきます。会場全体で課題を共有した上で、テーマに基づいて環境芸術の可能性を語り合います。会場からのご意見やご質問を積極的に受け付け、会場全体でのシンポジウムとなることを目指します。

パネリスト: 大森正夫氏(第1分科会コーディネーター)
        工藤安代氏(第2分科会コーディネーター)
        高須賀昌志氏(第3分科会コーディネーター)

司   会: 谷口文保氏(神戸芸術工科大学専任講師

 
  神戸芸術工科大学 クリエイティブセンター
   
エキジビション「環境芸術 未来への提案」
  第10回大会では神戸ビエンナーレ2009(10月3日〜11月23日開催 テーマ「わ」)と連携し、見学会や共催イベントなどを実施します。展示会場となるメリケンパークや兵庫県立美術館、三宮・元町商店街エリアなどを見学。コンテナアートや美術館での特別企画展、船で移動しながら鑑賞する海上アートなど多彩な展示にご期待ください。また共催イベントとして、兵庫県立美術館にてパネルディスカッションを予定しています。
研究発表
  神戸芸術工科大学において口頭発表、パネル発表、展示発表、屋外展示による研究発表を行います。研究発表募集をご覧の上、お申し込みください。
研究発表申し込み ⇒ 第10回研究発表申込用紙
研究発表希望者は「第10回研究発表申込用紙」に記入の上、下記までFAXにて送付してください。
1)FAX送付先 研究発表担当 桜井(042-851-6821)
2)送付期日 平成21年9月17日(木)必着
概要集原稿 ⇒ 概要集原稿フォーマット
  研究発表者はそれぞれの発表について、研究発表概要を指定期日までに下記に送付して下さい。
原稿は「概要集フォーマット」のレイアウト指定に従って作成、出力したものを提出して下さい。
なお、原稿はそのまま写真製版して印刷(モノクロ印刷)されるので十分注意して作成すること。
原稿仕上がりはA4(210×297mm)原寸であること。
1)原稿送付先
〒228-8538 神奈川県相模原市麻溝台1900 女子美術大学デザイン学科605研究室 桜井龍宛
TEL:042-778-6642 e-mai: ryusakurai@mac.com
2)送付期日 平成21年9月21日(月)〜9月25日(金)必着
 
大会プログラム原稿
研究発表者はそれぞれの発表について、大会プログラム原稿を指定期日までに下記にメール送信して下さい。
(概要集原稿とは別ですので注意)
  ・タイトル
  ・発表者名
  ・所属・ジャンルなど(どちらかだけでも結構です)
  ・内容要約100〜150字
1)原稿送信先 研究発表担当 桜井 ryusakurai@mac.com
2)送付期日 平成21年9月21日(月)〜9月25日(金)必着
 
会員紹介パネル展
神戸芸術工科大学にて、例年実施しております会員各人1枚ずつのA3判パネル展示を今年も行います。これまで参加されていない会員は7頁の要項をご覧の上、ご協力お願いいたします。
会場のご案内
 

●神戸芸術工科大学 http://www.kobe-du.ac.jp/
  〒651-2196 神戸市西区学園西町8-1-1 TEL 078-794-2112(代)
  神戸市営地下鉄「学園都市」下車。徒歩5分。
●兵庫県立美術館 http://www.artm.pref.hyogo.jp/
  〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号 TEL 078(262)0901
  JR「灘」から徒歩10分。阪神「岩屋」から徒歩8分。
●神戸ビエンナーレ2009 メリケンパーク会場 http://www.kobe-biennale.jp/
  JR、阪神「元町」下車。徒歩15分。

 
   
参加申し込み方法
 

●大会出席の方は学会報20号に同封されたハガキをご返送ください。
  e-mail:f-taniguchi@kobe-du.ac.jp (実行委員会事務局・谷口文保)
  ※25日(日)の分科会に参加される方は、希望する分科会に○をつけた上で、
   テーマに関するご意見、ご質問をご記入ください。
●研究発表(口頭発表・パネル発表・作品発表・屋外展示)申し込みについては、6〜7頁に詳細記載。
  <大会参加費> 会員 5000円  一般・学生 無料
  <懇親会費> 5000円 
  ※参加費・懇親会費は当日、受付にて受領。
    参加申し込み締め切り 9月17日(木)必着

   
実行委員会
  相澤孝司、上野久二、大森正夫、小野裕子、かわいひろゆき、北野正治、笹谷晃生、曽和具之、
高澤圭一、竹田直樹、谷内眞之助、谷口文保、橋本忠和、柊伸江、藤本修三、安田雅子、吉田泰巳