1. トップ
  2. 活動報告
  3. 環境芸術学会第9回大会

活動報告

 
環境芸術学会第9回大会
 
  環境芸術学会第9回大会は10月18日〜19日、東京藝術大学 馬車道校舎及び新港校舎にて、「環境・交叉する時間」 をテーマに 開催いたしました。結果報告は後日ホームページに掲載いたします。
   9回目を迎える今年の環境芸術学会大会は、9月13日から11月30日にかけ開催される横浜トリエンナーレ2008に合わせ、横浜を舞台に10月18・19日の2日間で開催されます。また作品発表会場の一つとして、横浜トリエンナーレ2008のメイン会場「新港ビア」と隣接する東京藝術大学大学院映像研究科新港校舎で行います。
大会実行委員会としては第9回大会テーマを「環境・交叉する時間」とし、横浜トリエンナーレ2008の全体テーマである「タイムクレヴァス」との関係を維持しながら、『時間』をテーマに環境芸術を探る契機を捉えています。
今回、第9回大会のメインプログラムとして企画しました『共同研究エキジビション「コラボの時間」』は、大会開催の趣旨である『時間』をテーマに環境芸術の可能性を探るひとつの試みと位置づけています。『時間』は歴史・伝統・文化・国・地域・情報・映像・音など様々な要素が介在するベースであり、環境芸術にとっても、また会員個々の研究活動においても重要なテーマであると考えます。
大会実行委員会としてはこの『時間』をテーマに、環境芸術の領域において研究活動を実践する会員を中心とした学生や研究者の方々に広く参加いただきながら、学会主催の展覧会という形式をもって大会テーマである「環境・交叉する時間」を表現していきたいと考えておりますので、会員の皆様にはご出展いただきますようお願い申し上げます。
  環境芸術学会第9回大会実行委員会
大会実行委員長 木戸修
大会テーマ: 「環境・交叉する時間」
大会開催日時: 2008年10月18日(土) 19日(日) 
開催場所:

東京藝術大学 馬車道校舎及び新港校舎

東京藝術大学 馬車道校舎 東京藝術大学 新港校舎
大会内容: ○口頭/パネル/作品(実作品ではない)による研究発表
○展覧会1(大学の研究室単位による学会主体のもの)
○展覧会2(大会にあわせて制作された小作品群による展示)
○シンポジウム/基調講演
日程: 18日(土)19日(日)両日
10:00〜18:00 エキジビション「コラボの時間」「わたしの時間」展示 
-新港校舎Aスタジオ-
  18日(土) 
15:00 ・受付 -馬車道校舎- 
16:00 ・総会 -馬車道校舎- 
18:30 ・懇親会 コラボの時間トークセッション -新港校舎Aスタジオ-
 

19日(日) 
09:00 ・口頭発表 作品 パネル発表 -馬車道校舎-
12:00 〜昼食〜
13:30 ・シンポジウム/基調講演 -馬車道校舎-
14:45 ・シンポジウム /パネルディスカッション -馬車道校舎-
16:45 ・閉会式 -馬車道校舎- 

シンポジウム
 

〇基調講演 「タイムクレヴァスへの探究」
講師:水沢勉氏 (横浜トリエンナーレ2008 タイムクレヴァス 総合ディレクター) 
来年開港150周年を迎える横浜で第3回目の横浜トリエンナーレが今秋開催されます。
今回のテーマは「タイムクレヴァス」、総合ディレクターは水沢勉氏です。まもなく竣工する
新港埠頭の真新しい「新港ピア」をはじめ5カ所の会場で開催されます。参加国26カ国、参加
アーティスト70組。横浜という新興都市を舞台に、現代の最先端のアートが集います。
近代の精神が先導してきた直線的で、単一な時間の観念がすでに破産し、さまざまな亀裂や
ほつれを生じさせている?そのような基本認識のもとに開催される展覧会全体の意図、そして、
個々の作品の魅力も含めて、「タイムクレヴァス」の深みへの探究を語っていただく予定です。

〇パネルディスカッション「時間のイマジネーション」
パネリスト: 藤幡正樹氏(メディア・アート/ 東京藝術大学大学院映像研究科長)
                丸山茂徳氏(地質学・地球史/ 東京工業大学大学院地球惑星科学専攻教授)
                水沢 勉氏(横浜トリエンナーレ2008 タイムクレヴァス/ 総合ディレクター)  
進   行: たほりつこ(パブリック・アート/ 東京藝術大学先端芸術表現科教授)
水沢勉氏の基調講演をふまえながら、地球を丸ごと考える地球惑星科学者の丸山茂徳氏、
メディア・アーティストの藤幡正樹氏にパネルにご参加いただきます。芸術関係者に加え、
環境と切り離せない科学領域から46億年という遥かな地球の時間を研究されてきた丸山氏を
交えて、芸術と異分野の専門家が横浜に集い、環境・交差する時間と芸術表現や創造的活動を
起動するイマジネーションについて語っていただきます。

  「シンポジウム事前打ち合わせレポート」
10月13日大会シンポジウムの事前打ち合わせとして横浜トリエンナーレを見学してシンポジウムテーマを討議しました。 詳細
 

共同研究エキジビション「コラボの時間」 ⇒ 共同研究進捗状況

  第9回大会テーマである「環境・交叉する時間」と、横浜トリエンナーレ2008テーマである「タイムクレヴァス」との関係を維持しながら、本展は『時間』をテーマに環境芸術の可能性を探るひとつの試みと位置づけています。
"時間"は歴史・伝統・文化・国・地域・情報・映像・音など様々な要素が介在するベースであり、環境芸術を考える上でも、また会員個々の研究活動においても重要なテーマであると考えられます。
環境芸術の領域において研究活動を実践する会員を中心とした研究者の方々や学生に参加を募り、学会主催の展覧会という形式をもって大会テーマ「環境・交叉する時間」を表現することを目指しています。
参加10グループの表明から現在(7月15日)まで見学会や打ち合わせ、代表者会議や学生会議における議論やメーリングリストを利用した意見交換によって様々なコラボレーションを重ねてきました。今後も様々なかたちでコラボに時間を持ちながら、作品が変化し展覧会は変貌していくことでしょう。
  出展概要 出展希望者は 9c_collabo@iead.org までご連絡下さい。 担当 渡辺五大
 
出展条件:  1.学会員を代表とする学校・学部・学科・研究室・研究団体を出展者とする。
2.『時間』をテーマとする共同作品とする。
※共同作品とは1体、1システム、1カテゴリーの作品であり、単体作品の
集合体でもよいが必ず共同作品のタイトルとして「○○の時間」をつける。
3.研究成果について出展者(代表者)には、翌年度の学会誌への論文投稿
または大会での口頭発表を義務付ける。
企画概要: 名称:共同研究エキジビション「コラボの時間」
期間:2008年10月18日(土) 9:00〜20:00、19日(日) 9:00〜18:00
設営17日終日 / 撤去19日18:00〜 or 20日終日
会場:東京藝術大学大学院映像研究科 新港校舎Aスタジオ
進行予定: 1)会員全員に対して本プログラムを公表し出展希望者を募集
2)出展希望者による会場見学会を実施 2008年4月19日(土) 15:00〜
3)出展希望者は大会実行委員会に出展計画書(書式指定)を提出
締め切りは5月30日(金) ※大会実行委員会事務局必着
4)大会実行委員会にて出展者を最終確定し、出展者に正式連絡
*テーマ適性や展示ボリューム等を大会実行委員会にて検証
5)開催にあたり大会実行委員会が中心となる出展者ミーティングで随時調整
*出展者ミーティングは2〜3回開催する予定。
 
東京藝術大学大学院映像研究科 新港校舎Aスタジオ
   
「研究発表」 ⇒ 研究発表募集
  馬車道校舎において口頭発表、パネル発表、映像による作品発表を行います。作品発表は会場の諸事情により、実作品の展示は出来ません。研究発表募集をご覧の上、お申し込み下さい。
   
「エキジビション」 ⇒ 詳細
  『時間』は歴史・伝統・文化・国・地域・情報・映像・音など様々な要素が介在するベースであり、環境芸術にとっても、また会員個々の研究活動においても重要なテーマであると考えます。
『時間』をテーマに、環境芸術の領域において研究活動を実践する会員の方々に広くご参加いただきながら、学会主催の展覧会という形式をもって大会テーマである「環境・交叉する時間」を表現していきたいと考えております。
もう一つのエキジビション「コラボの時間」は団体での参加になっておりますが、こちらのエキジビションは個人参加を前提としています。
 
「会員紹介展について」 ⇒ 詳細
  一昨年、昨年の大会において好評だった、会員各人1枚ずつのA3判パネル展示を今年も行います。
[会場のご案内]
  東京藝術大学 横浜校地 http://www.fnm.geidai.ac.jp/facilities/index.html
馬車道校舎 〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町4-44
*みなとみらい線「馬車道」5,7出口すぐ
新港校舎   〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-5-1
*みなとみらい線「馬車道」4,6出口より徒歩約15分
(参考:横浜駅東口よりタクシーにて約7分(1,000円程度))
 
地図をクリックすると拡大します。
参加申し込み方法
 

〇大会出席の方は学会報18号に同封されたハガキをご返送下さい。
mail:info@iead.org
〇研究発表(口頭発表・パネル発表・作品発表)申込については10頁に詳細記載
<大会参加費> 会員 5000円
一般・学生 無料
<懇親会費>   例年程度を予定しています。
※参加費・懇親会費は当日、受付にて受領
参加申し込み締め切り 9月12日

実行委員会

  池田政治 木戸 修 前田義寛 横川昇二 宮川輝行 池村明生 たほりつこ 平戸貢児 高須賀昌志 
渡辺五大 高橋 綾 桜井 龍 市川靖子 酒井 正