1. トップ
  2. 活動報告
  3. 2000年活動報告
  4. 環境芸術学会設立総会報告

活動報告

環境芸術学会設立総会報告

2000年7月8日(土)13:00〜
東京芸術大学美術学部第1講義室

去る7月8日は朝まで台風の影響で、関東地方は強い風雨に見舞われていた。午後からの総会にどのくらいの出席が得られるのか不安だったが(実際に飛行機の欠航のため参加できなかった方もいらしたとのこと)台風の通過後は嘘のように晴れ渡り、東京芸術大学にて開催された設立総会には、会員もしくは入会を検討される方々に全国からお集りいただいた。会場の講議室前のロビ一には参加者から寄せられたプレゼンテーションシートが掲示され、様々なジャンルにわたる会員の活動が紹介された。総会では議事団の選出の後、会則の承認、理事・正副会長の選出が滞りなく行われ、その後のシンポジウム、会場を美術館食堂に移した懇親会では、活発な意見の交換や互いの仕事の紹介なと会員相互の交流がはかられた。

[議事]
出席者 51名 委任状31名 合計82名
入会申込者(7月7日現在)108名
*司会 上野 久二

■挨 拶
山口 勝弘(発起人代表))

環境芸術学会の成立の課程、
設立総会までの経緯説明

1999年暮れより準備会・懇談会を重ね、2000年6月3日(土)発起人会を開催。
主旨・規則等の協議、設立総会についての協議をおこなったこと等。

■祝 辞
抜粋
環境芸術学会の御発会、心からお祝い申し上げます。

ぜひこの環境芸術学会にお願いしたいことが一つこざいます。それはぜひともこのア力デミズムという名のもとに学校のキャンパス、もしくは象牙の塔の中に籠って論議をする、それだけはぜひやめていただきたい。逆に全国各地、地方自治体、街づくり、都市づくり、公園づくり、そういう所にどんどんフィールドワーク的に出て、そういう現場でどうするのか、ということをなるべく論議をして、又その経験の上にたってこれからの学会の方向性を定めていただきたい。

環境保護といえば全て善だ。環境破壊、環境開発といえばすべて悪ということが大変多くいわれております。(現場には)そうした考え方で(は解決でき)ないものがいっぱいあるかと思います。より多くの市民、自治体の担当者のレベルまで下りていただいて、耳をかたむけ、また御指導していただくことを切に望みまして御挨拶とさせていただきます。

■祝電紹介
澄川 喜一(東京芸術大学学長)
松本 俊夫(日本映像学会会長)

議長団選出
議長 山口 勝弘
書記 池田 政治・前田義寛(発起人会より推薦)

■提 案
環境芸術学会設立の主旨 
伊藤 隆道(発起人会)
設立趣意書の説明、提案

抜 粋
「宇宙環境から身体環境へ拡がる幅広い領域における創造活動を対象とするため、学会活動の進展の中からさらに新しい活動領域が加わっていくものと考える。」という文章がありますけれども、これは今回の重要な意味を持つ言葉ではないのかと思います。

固定化しない常にフレキシビリティを持った主旨であってほしい。

「この会においては緊密な会員相互のコミニュケーションを作り上げるとともに、若い創造者の育成と新しいリーダーの社会的活動の場の形成を目指している。」と、これが重要なことだと思います。教育の場にいる人ばかりではないと思いますが、これからの新しい時代をつくり出すという一つの役割というか使命のようなものが我々にはあるのではないか。

■提案
環境芸術学会会則 上野 久二(発起人会)

−提案承認 −

■提案
環境芸術学会理事選出

*理事
逢坂 卓郎       メディアアート 武蔵野美術大学教授
井口 壽乃       映像文化論 北九州大学助教授
池田 政治       造形家 東京芸術大学教授
石井 勢津子      ホログラフィーアート    
伊藤 隆道       造形家 東京芸術大学教授
片山 和俊       建築家 東京芸術大学教授
木戸 修         彫刻家 東京芸術大学助教授
國安 孝昌       環境彫刻 筑波大学助教授
クリフトフ・シャルル  サウンドアート 武蔵野美術大学助教授
坂村 健         電脳建築家 東京大学教授
高須賀 昌志      造形家 埼玉大学助教授
藤本 修三        環境彫刻 神戸芸術工科大学教授
前田 義寛        潟Cンダストリアル・パブリック・エージェンシ代表取締役
丸山 隆         環境彫刻 北海道教育大学助教授
三田村 o右      メディアアート 筑波大学名誉教授
山岡 俊平       立体造形 東亜大学教授
山口勝弘        滑ツ境芸術メディアセンター代表取締役
筑波大学・神戸芸術工科大学名誉教授
*監事
上野 久二       地域科学研究会高等教育情報センター主任研究員
吉田 泰巳       いけばな作家 元町カルチャー倶楽部代表

−提案承認 −

  −総会休憩 − (第1回理事会開催)

総会休憩時間に別室にて理事会が開催された。
(理事会模様)
ロビーにて、プレゼンテーションパネルが展示された。

■提案
会長/副会長の推薦(理事会より)
会長 山口 勝弘 / 副会長 伊藤 隆道・池田 政治

−提案承認 −

■会長による理事紹介

■会長挨拶 山口 勝弘