■環境芸術学会第18回大会 研究発表募集

○奥出雲大会会場での研究発表は(A)口頭発表(B)パネル発表の2つの方式となります。
○(C)作品発表は12月下旬に東京で開催する研究発表展での展示、プレゼンテーションとなります(研究発表募集詳細を参照)
○部会活動報告は原則(B)パネル発表とする。
○1研究者が複数の研究発表をすることが可能です。
○「概要集原稿」と「大会プログラム原稿」が必要です。要項に従ってそれぞれ提出して下さい。
○今年度分も含め年会費の未納があると研究発表をすることはできません。納入状況についての不明点は本部事務局の福島までご連絡ください。
○「研究発表登録費」が下記の通り必要となります。
※研究発表全般に関するお問い合わせは:大会事務局・伊藤隆治までメールにてお願いいたします。 
 大会事務局・伊藤隆治 E-mail:karu@wako.ac.jp  
※「概要集原稿」「大会プログラム原稿」「研究発表登録費」の問い合わせは:本部事務局・福島までメールにてお願いします。
本部事務局・福島宜子 E-mail: from-jimu@iead.org

大会研究発表について
大会研究発表資格

1)非会員は研究発表の代表者にはなれない。

研究発表登録費

1)大会参加費とは別に口頭発表・パネル発表・作品発表の研究発表者は指定された研究発表登録費を学会事務局に支払う。

2)研究発表を複数行う場合はそれぞれの発表について研究発表登録費を学会事務局に支払う。

3)共同研究者が複数いる場合はその人数分の研究発表登録費を学会事務局に支払う。

4)研究発表登録費の金額は会員、学生会員、非会員により異なる。(別表1)

5)研究発表申し込み時に定められた金額を研究代表者が学会口座に一括して振り込む。

6)研究発表を辞退した場合でも、振り込まれた研究発表費の払い戻しはされない。
(別表1)研究発表資格の有無と研究発表登録費

会員 学生会員 非会員
研究代表者 ◯(3,000円) ◯(0円)
共同開発者 ◯(3,000円) ◯(0円) ◯(学生3,000円)
◯(一般5,000円)

・部会活動報告と研究発表補助事業報告は研究発表登録費の支払いは必要ない。

・徴収した研究発表参加費は研究概要を掲載する当該学会誌制作費の補助とする。


➊研究発表申し込み方法

研究発表希望者は所定の申し込み用紙(学会ホームページ、第18回大会ページよりダウンロード)に記入の上、本部事務局にメールにて送信すること。申し込み完了後事務局より発表についての詳細をメールにてご連絡します。

1)申込書送信先(本部事務局) 
    本部事務局・福島宜子 E-mail: from-jimu@iead.org

2)送付期日  2017年7月28日(金)必着



➋概要集原稿・大会プログラム原稿 (概要集原稿はPDFデータを提出すること)
研究発表者はそれぞれの発表について、研究発表概要・大会プログラム原稿を作成し、指定期日までに本部事務局にメール添付にて送付すること。原稿はレイアウト指定(プログラム原稿・研究発表概要集原稿作成用データ(zip))に従って作成し、データを提出のこと。(概要集原稿はPDFデータでの提出となります)なお詳しい内容は研究発表申し込み後に送られてくるメールを確認のうえ、作成すること。

1)原稿送信先(本部事務局)
    本部事務局・福島宜子 E-mail: from-jimu@iead.org

2) 送付期日 2017年8月7日(月)~8月11日(金)必着



●研究発表募集詳細

(A)口頭発表

  1. 発表者(共同研究の場合は発表筆頭者)は、口頭発表会場において発表を行い、質疑応答、討論をおこなう。
  2. 発表時間は、1件について20分間(概ね、発表時間15分、質疑応答時間5分)とする。発表時間の変更がある場合は発表者数確定後、本人に連絡する。
  3. 発表に必要なプロジェクターは大会事務局で用意する。パソコンについては基本的には発表者が準備すること。プロジェクターとの接続ケーブルのコネクター形式は後日事務局より発表者に連絡する。

(B)パネル発表

  1. 発表者が作成したパネルを定められた場所に掲示する。(掲示は大会事務局でおこなう)
  2. 発表者(共同研究の場合は発表筆頭者)は、発表会場においてパネルと同じ内容のPDFデータをプロジェクターで投影し、決められた時間に口頭による説明を加え、質疑応答をおこなう。(4分程度、PDFデータは事前に事務局へ提出する)
  3. パネルの内容

    大きさ:A1サイズ(594×841mm)縦位置  枚数:発表件数1件につき2枚以内
    表題:1枚のパネル上端から90㎜幅の帯を左右通しで設け、その範囲内に表題、発表者氏名、所属を表すものとする。副題をつけても良い。
    表記:最低2m離れた位置で判読できる文字(図表)であること。
    体裁:アルミフレーム付き軽量パネル(通称イレパネ)を使用すること。

  4. パネル送付期日 2017年9月15日(金)必着
  5. パネル送付先 〒160-0014 東京都新宿区内藤町1-10

    (株)モブ内 環境芸術学会 第18回奥出雲大会実行委員会事務局 伊藤隆治
    e-mail: karu@wako.ac.jp  電話:03-3359-8675
    ※梱包表面、または伝票に「環境芸術学会18回大会パネル発表」と記載のこと。

  6. パネルデータ送付期日 2017年9月15日(金)必着
  7. パネルデータ送付先 本部事務局・福島宜子 E-mail: from-jimu@iead.org

    (C)作品発表
    本年の作品発表は大会と開催時期が異なります。東京北青山にあるオリエアートギャラリーにて作品発表展を開催します。大会プログラム原稿と研究発表概要集原稿データは、口頭発表・パネル発表と同じスケジュールで提出が必要となりますのでご注意ください。


  8. 環境芸術学会第18回大会研究発表展(仮称)

    日程: 2017年12月19日(火)〜12月25日(月) 24日(日)休廊

    時間:11:00 〜 18:30(最終日16:00まで)

    搬入:12月18日(月)13:00〜14:00 その後展示作業を行う 

    搬出:最終日展示終了後

    会場名: オリエアート・ギャラリー

    住所:東京都港区北青山2-9-16-AAビル1F TEL 03-5772-5801

    1. 発表者が制作した作品を定められた場所に展示する。
    2. 発表者(共同研究の場合は研究代表者)は、発表会場において12月23日(土・祝)午後に口頭による説明を加え、質疑応答をおこなう。
    3. 出展条件

      作品規定

      作品サイズ:立体作品 縦・横が50cm程度(台座は含まず)
      平面作品 縦100cm・横100cmのスペースに収まる作品とする。