環境芸術学会第19回大会
< テーマ > 「環境芸術の半世紀」
■主  催  環境芸術学会
■協  力  東京藝術大学
<大会組織>
大会会長 高須賀昌志
実行委員長 保科豊巳
実行副委員長 鈴木太朗
実行委員 石上城行 小佐原孝幸 酒井正
田島悠史 高橋綾 西毅徳
■大会日程 2018年10月27日(土)〜10月28日(日)
■会  場 東京藝術大学上野校地
※作品発表に関しては、2018年11月27日から12月7日まで、
昨年と同様オリエアート・ギャラリー<東京・北青山>にて展示をします
■大会事務局 〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
東京藝術大学美術学部デザイン科空間演出研究室
E-mail:suzuki.taro[at]fa.geidai.ac.jp ※[at]を@に変換して下さい
第19回「環境芸術の半世紀」開催にあたって

大会実行委員長 保科豊巳

10月27日(土)、28日(日)の2日間、東京藝術大学に於いて環境芸術学会第19回大会を開催いたします。

2000年に東京藝術大学で環境芸術学会設立総会が開かれ、環境芸術学会が誕生しました。その後2001年に第2回大会が同大学でおこなわれて以降、東京藝術大学での大会は実に17年ぶりになります。第1回大会シンポジウムのテーマは「環境芸術・新たなはじまり」。それから18年経ち、“環境芸術” は様々な意味を持つようになりました。それに合わせるかのように、環境芸術学会も幅広いジャンルの会員が集まっています。

環境芸術学会では2019年に第20回記念大会として東京での大規模な大会と展覧会を予定しております。今大会初日では、テーマを「環境芸術の半世紀」として、2019年の東京大会に向けて、“環境芸術” のこれまでのこと、これからのことを会員の皆さまとディスカッション出来たらと考えております。また、ディスカッション終了後、学食である大浦食堂に於いて懇親会を開催致します。こちらでも会員同士がこれからの環境芸術の未来について議論されることを期待しております。

東京大会では多くの発表者が予想される為、大会2日目は口頭発表に多くの時間を使えるようにプログラムしました。たくさんのご応募をお待ちしております。

皆さまと力を合わせ、次代の環境芸術を盛り上げていきたく、これまで以上の会員参加による大会と研究発表を心より楽しみにしております。

第19回大会スケジュールと概要
大会1日目 10月27日(土)
12:00〜13:00 大会受付(会場:中央棟1階ロビー)
13:00~14:00 総会(会場:中央棟1階 第1講義室)
14:00~17:00 次回大会の説明会(会場:中央棟1階 第1講義室)
ディスカッション「オリンピックからオリンピック/環境藝術の半世紀」
17:15~19:30 懇親会(会場:美術館1階 大浦食堂)
大会2日目 10月28日(日)
9:00~12:00 口頭発表+パネル発表・前半
(会場:中央棟2階 第3・4・6講義室)
13:00〜14:00 学会賞/奨励賞 受賞者記念講演会
(会場:中央棟2階 第3講義室)
14:10~16:10 口頭発表+パネル発表・後半 部会研究発表
(会場:中央棟2階 第3・4・6講義室)
16:20~16:30 閉会式(会場:中央棟2階 第3講義室)
□ディスカッション「オリンピックからオリンピック/環境芸術の半世紀」
10月27日(土)14:00~17:00 中央棟1階 第1講義室

2020年、東京オリンピックが開催されます。現代日本の芸術文化デザインにおいて大きな役割を果たした1964年の東京オリンピックから半世紀を経た今、私たちを取り巻く環境や芸術への価値や期待も大きく変貌しています。そこで、東京オリンピック2020へ向けての今を機に、戦後日本における都市環境と芸術文化の変遷を会員の皆さまと共に見据え直し、2019年の東京大会への指針にしたいと思います。

1.次年度の大会概説

2.基調講演
前田尚武:森美術館 建築・デザイン プログラムマネージャー
杉山 央:森ビル株式会社 MORI Building DIGITAL ART MUSEUM 企画運営室長
伊藤隆治:和光大学 経済経営学部 教授

3.グループディスカッション+トークセッション
「モノ」から:高橋 綾(群馬県立女子大学 教授)
「ヒト」から:谷口文保(神戸芸術工科大学 准教授)
「メディア」から:鈴木太朗(東京藝術大学 准教授)
(司会)大森正夫(嵯峨美術大学 教授)

□懇親会
10月27日(土) 17:15 ~19:30           美術館1階 大浦食堂

今大会ではディスカションの後に会場を大学美術館にある大浦食堂に移して懇親会を開催いたします。様々な意見が出た後に懇親会を開催することで、次回大会に向けて会員間での積極的な情報交換の場にしていただければと願っています。

会費:5000円  ※大会の受付にて徴収させていただきます。

□研究発表
10月28日(日)9:00~12:00/14:10~16:10 中央棟2階 第3・4・6講義室(口頭/パネル発表)
11月27日(火)~12月7日(金)(作品発表)

大会二日目に午前と午後に分けて口頭発表とパネル発表の口頭プレゼンテーションを行います。作品発表は東京、外苑前にあるオリエアート・ギャラリーにて開催します。詳しい内容と参加方法については第19回大会研究発表応募詳細ページをご覧の上、お申し込みください。

第19回大会研究発表応募詳細ページはこちら

□会員紹介スライドショー展
10月27日(土)28日(日)_中央棟ロビー

会員各人1枚ずつのスライドショーによる紹介を行います。最近入会された会員はもちろんのこと、これまでの情報内容を更新される会員についても9ページの要項をご覧のうえ、手続きください。

□学会賞受賞者講演会
10月28日(日)13:00~14:00 中央棟2階 第3講義室

本年度は環境芸術「学会賞」「奨励賞」が発表されます。
それぞれの受賞者による講演会を行います。

□会場までのアクセス方法

東京藝術大学ホームページをご覧ください。
https://www.geidai.ac.jp/access/ueno

□参加申し込み方法

会員の方は学会報29号に同封されているハガキを8月31日までに投函ください。ハガキを失くされた方、会員以外の方はメールにて学会事務局(info-iead@iead.org)までご連絡ください。

<大会参加費>

正会員 5,000円 学生会員3,000円  一般6,000円

<懇親会費>

5,000円 ※参加費・懇親会費は当日、受付にて受領。

<大会2日目昼食費>

1,000円(お弁当+飲み物)大会参加申し込み時にご希望ください。
大会2日目の学生食堂は休業日です。近隣に飲食店がございません。添付ハガキにて事前にお申し込みください。当日の購入はできません。