本細則は,『環境芸術』研究論文の執筆について定めるものであるから、投稿者は必ずこの「細則」に則って執筆するものとする。

投稿者は「論文」提出時に研究論文の種類<(1)制作研究報告 (2)論文>を明らかにしなければならない。
※「制作研究報告」の場合、 7) 8)の項目については、それぞれ 7ーb) 8ーb)に従うものとする。

1) 学会誌の体裁はA4版とし、本文は各頁 2,704字(26字×52行,2段組)、横書き、カラー印刷とする。

2) 論文の長さは、刷り上がり4頁から8頁とし、必ず偶数頁とする。

3) 各論文の初頁上段10行は横長1段組とし、論文題目、執筆者氏名、所属機関名、キーワード等を記す。

4) 論文題目は、内容を適切に表わす言葉を選び、簡潔に表記する。また、その英訳を付し、欧文の場合には和訳を付す。

5) 著者名にはローマ字表記を付す。その場合、姓・名の順に記す。(例: YAMADA Taroh)。所属機関名にも英名を付す。

6) 論文の内容を表わすキーワードを3つ記し、それぞれ英訳を付す。

7) 初頁の左下段には、論文が和文であれば和文と英文の、英文であれば英文と和文の、論文概要を併記する。

7-b) 初頁の下段を中央付近で上下に分け、上部左には,論文が和文であれば和文の論文概要を記し、上部右に英文の論文概要を表記する。
  論文が英文であれば上部左に英文の論文概要を記し、上部右に和文の論文概要を表記する。最下段に写真を配置する。レイアウトの
  詳細については別紙フォーマットに従うものとする。

8) 本文は、初頁右下段からとなる。

8-b) 本文は、2頁左段からとなる。

9) 文字原稿は、当用漢字、現代仮名遣いとし、句読点は「、」「。」を用いる。

10) 提出論文原稿は出力した印字原本1部及びそのコピー2部とする。併せてCD-Rディスクの提出が望ましい。

11) 文字入力では、全角明朝体を用い、英字及び数字は半角英数を使用すること。

12) 本文中の、著書・論文・資料名は『』で、引用は「」で、作品題目は《》で括る。

13) ワープロ入力時に、JIS第1水準及び第2水準に含まれていない文字を必要とする場合は、その箇所にゲタ記号「〓」を入力しておき、
    出力紙に正しい文字を朱記しておくこと。

14) 写真や図・表には、通し番号を付け、キャプション を添えること。図・表中に文字や記号が入る場合は、完全原稿とすること。また、
    本文中のどこに入るかを原稿の欄外余白に赤鉛筆で図番号を記入する。

15)「制作研究報告」「論文」はカラー印刷とする。

16) その他、不明の点は、学会誌委員会及び編集委員会の指示に従うこと。



平成15年6月22日 一部改正 7-b) 8-b) 15-b)

平成26年5月10日 一部改正 15) 15-b)

平成27年9月5日 一部改正 1) 7-b) 15)